女性の育毛どれがいいの~レビューと選び方のブログ

育毛剤、スカルプローション、育毛シャンプーなどを試すブログ

女性向けの育毛剤の選び方

育毛剤は発毛剤でもなく、ましてや薬(医薬品)でもない

f:id:rumimarusr:20190129004117j:plain

まず最初に言いたいのは、育毛剤は医薬品ではないことです。病院に行ってもらってくるような薬ではありません。

 

そのため、いきなり毛が生えてくる、ということはありません。その分副作用も出にくいのですけどね。

 

しかし、多くの女性は、なぜかせっかちで育毛剤に「即効性」を求めるようです。「育毛剤、即効性」という文字が育毛剤を調べる時に、出てくるくらいですからね。

 

育毛剤は、例えていえば、化粧品と美容整形みたいなものです。日々使うのが基礎化粧品ですが、スキンケアでいきなり、シワがなくなる、シミが剥がれるということがないのと同じです。

 

薬(内服も外用も含めて)で治すものではなく、あくまでも「予防」がメインです。そんな毛髪がにょきにょき生えてくるような「育毛剤」があったら、それは「育毛剤」とは言えません。

 

育毛剤の効果はマイルドです。だから、医者でもらう薬のような「その人個人」に向けて処方されたものではなく、なるべく多くの人に使ってもらうようにできています。その分、その多くの人に「赤み」がでるとか、「かゆみ」がでるとか、「ただれる」ようなことがあっては困ります。

 

だからこそ、マイルドにできていて、急な変化は望めません。しかし、世の中の女性は、効果がないわ!と決めつけるようですね。

 

育毛剤は「予防」メインであること。

お顔の手入れはきちんとしているのに、頭皮の手入れを毎日していなかった人が多いのですから、まずは頭皮の手入れの時間なのだと思うこと。

 

そこを意識してみてください。

 

女性用に開発された育毛剤であるかどうか

「育毛剤」は「薬」ではないのだということがわかったかと思います。

お顔に基礎化粧品をぬるように、スキンケアと同じく頭皮ケアしながら育毛剤をつけます。

 

男性の肌と女性の肌は、顔の肌をみてもわかるように違いますよね。男性は比較的、脂性肌が多いように感じます。男性ホルモンの影響で皮脂が出やすいのでしょう。また毛穴も大きめかな。

 

スキンケアも男性用とか、メンズコスメという種類が出てきているように、男性には男性向けがいいのです。

 

それと同じ考え方です。女性には女性用を女性向け育毛剤を選びましょう。

 

頭皮と顔の皮膚は一枚続きですから、頭皮につける育毛剤は、女性用を選びましょうね。

 

皮膚科で処方される「育毛、発毛のお薬」でも、女性には使っていけないというものが皮膚科の先生なら知っています。男性には出すことができても、女性には出せない薬があるのです。

 

ドラッグストアで売っている第一類医薬品に「リアップリジェンヌ」があります。有名ですので聞いたことがあるかと思います。

 

この第一類医薬品は、医師の処方はいらないけれど、副作用飲み合わせなどで薬剤師の説明を聞かないと買えない医薬品です。この「リアップ」シリーズには、「男性用」がありますが、男性用のほうの製品には、「次の人は使用しないでください」のところに、「女性」と書かれています。このように男性用を使う時は注意したいものです。

 

女性の皮膚のほうが繊細で刺激に弱いようなイメージがありますから、男性用育毛シャンプーをみてもわかるように、洗浄力が強く、皮脂をガシガシ取るような「きつい」タイプの成分は入れていないことが多いように感じます。

 

育毛剤も同じように女性の肌を考えて(頭皮も顔と続いている皮膚なので)つくられています。

 

女性の育毛剤は、成分のところをみますと、植物由来エキスが入っているようなことが多いです。だから香りも、「無香料」となっても自然な香りがあることは女性用の育毛剤を使っている人ならわかるかと思います。

 

香料を入れているわけでなくても、ほんのり柑橘系の香りがしたり、ボタニカル系の香りがしたり、ということです。

 

私も育毛剤使用歴が長いので、以前の育毛剤は男女兼用が多かったので、なんだかおじさんが使うような整髪料みたいな香りがしていた育毛剤もありました。

 

今は、女性用、女性向けの育毛剤が数多く出されている時代ですから、わざわざ男女兼用のものを選ぶよりも、女性向けのものを選びましょう。

 

根拠ある有効成分を配合しているかどうか、サイトなどで成分を確認

 有効成分が入っているかどうかということは、医薬部外品となっているかを確認してください。

 

現在の育毛剤は医薬部外品がほとんどですが、頭皮美容液のようなスカルプローションのものは、医薬部外品でなく化粧品扱いになっていることが多いです。

 

そこで、成分を確認しておきたいものです。できれば、論文発表されている成分、学会で発表されている成分だとなお良いでしょう。

 

これはそのような論文があるなら、育毛剤の会社の公式サイトに載っています。

 

また同じように皮膚科のお医者様が開発したとか、クリニック発想で作られたとなると最新の成分が入っていることも(医学の進歩は早いですから)あるので、医師が作った安心感ととも信頼がありますね。

 

有効成分の部分に書かれている成分をチェック(女性ホルモンなど)

 

そのほか、なるべくなら女性ホルモンと呼ばれる成分、もしくは女性ホルモンと同じような働きが期待できる成分が入っているものを選ぶといいでしょう。

 

これは特に、更年期の女性にいえますね。更年期の女性は女性ホルモンが減ることで体内の男性ホルモンの影響が出るわけですから。女性ホルモン、特にエストロゲンが年齢とともに減ること、これは食生活の影響や睡眠の影響もありますが、特に大きい影響は年齢でしょう。

 

例えば、アンファーのスカルプDボーテ エストロジースカルプセラムには以下のように書かれています。

 

育毛効果が認められている女性ホルモン成分「エチニルエストラジオール」を配合。 女性ホルモンを頭皮に補充し、育毛・発毛を促進。芯から抜けにくい美髪を育みます。また、ソイセラム(豆乳発酵液)をスカルプD ボーテスカルプエッセンスの5倍以上配合することで、頭皮の環境を整え、ハリコシはもちろん、太くしなやかな美髪へと導きます。

 

このように、女性ホルモン成分「エチニルエストラジオール」とか、ソイセラムという豆乳発酵液「大豆由来の女性ホルモン様成分と言われるイソフラボンを抽出した」成分が入っていることがわかります。

 

これらは、メーカーの公式サイト、もしくは、購入した製品の外箱や、中に入った説明書に書いてあります。

 

各メーカーが研究を重ねていますから、有効成分や配合されている成分については、強調して書いてあるはずです。そこをしっかり読んでおきましょう。

 

ということで、公式サイトや外箱に書かれている「有効成分」のところをしっかり確認しておきましょう。

 

肌が敏感な人やアレルギーがある人は無添加もチェックを 

 これは個人、個人で体質が違いますから「人による」としか言えない部分ではあります。

 

しかし、同じ「無添加」という文字を使っていても何を入れていないか、入れているのかは、会社や製品によって違います。

 

防腐剤として使われるものが気になるからパラベンフリーがいいとか、ノンアルコールでないと困るとか、それぞれ各人あるでしょう。

 

その点についてもしっかりチェックです。肌が敏感な人は、ダメだった時を考えて、「お試し」があるセットを購入するとか、返金制度があるものを選ぶとか、考えておいたほうがいいでしょう。

 

または、最初から定期購入をしないで、個別購入(通常購入ともいう)となっている、個別購入を選べる製品にするのもひとつの手です。

 

私は肌が敏感なタイプの人は、なるべくなら、「お試しセット」があるものをおすすめします。それか、いきなり定期購入ではなくて、個別購入(通常購入)できるものを選ぶことをおすすめします。

 

また。初回購入が安くなっているものの中で、定期購入の契約回数のしばりがないもの(○回以上の契約ですと、小さい文字ですが書いてある契約もあります)を選びましょう。自分の肌に合わないのに、6回以上の契約になっていた、となると悲惨ですからね。

 

香りについても、無香料がいいのか、香りがついていてもいいのか

 

同じく、香り、ニオイに関しても注意しておきましょう。香料がきついとものによっては、といいますか、香りによっては続かなくなることにもなりかねません。現に私自身がそうでした。ニオイが受け付けなくて、続けられなくなったことがあります。

 

しかし、香りに関しても個人差が大きい部分です。もちろん、万人受けする香りもありますが、他の人が「えー」と思うような香りでも、一方で「この香りがいいわぁ」という人もいます。個性的な香りの場合は、その差が大きいです。

 

 さらに細かいことをいえば、成分が浸透しやすい工夫がされているかも大事です。低分子化、ナノ化などと言われています。

 

また、有効成分もしっかりしているのに、浸透技術も使っている製品なのに、実感できないという場合は、使い方に問題があることが多いように感じます。

 

 ほとんどの育毛剤が1日2回朝晩、つけるようになっていますので、まずは、回数が足りているか確認してみてください。効かないという人こそ、最初は毎日4回くらいつけるのに、1週間後は1日1回だけ、ひどい人は3日に1回になってしまっていることが多いのです。

 

あとは、これは私も気づかずにいたことなのですが、量を十分に使っていなかったということもあります。これは私も「失敗」した経験者です。ボトルに目安量が書いてある製品もあるのですが、それをみて、自分がかなり使う量が少なかったことに気がついたことがあります。

 

育毛剤を開発している側からいえば、規定量を使ってもらったうえでの実験、試験だったのに、と思うだろうなと、感じました。

 

購入すると一緒についてくる使用説明書などは、取っておいて、よく確認しておいたほうがいいです。開発している会社にとっては、書いてあるとおりに使ってくれていると思っているはずですし、その量が効果がでると判断して販売していることでしょうから。

 

金額的に長く続けられる価格かどうか

最後に一番重要なことです。最初にも書いたように、育毛剤は効果がマイルドですから、医薬品と違って、即効性を求めるものではありません。

 

お顔のお手入れと同じく、長く続けていくことに意味があります。お顔のスキンケアでお手入れしている時も、現状維持が重要なポイントかと思います。何もしなければ、肌は乾燥、シワは出る、たるみになると老化へまっしぐらですからね。

 

それと同じように、頭皮にも栄養を与えて、長い目でみることが必要です。何度もいいますように育毛剤は、病院に行ってもらうような「薬」ではないのですから。

 

 だからこそ、スキンケアと同じく長く続けられる金額であるかどうかがポイントです。世の中でかなりの人気で、好評だと言っても、1回しか続けられなかったというのでは効果を感じる前に終わってしまう可能性大です。

 

育毛剤は、1本で1ヶ月持つもの、2ヶ月持つもの、この2つが主流です。そう考えますと、最低ライン、もっとも短い期間でも、2本、もしくは3本は使います(本来は、長く使ったほうがいいのですが)。

 

2本から3本は、評判の良いものを使って、その後は日々のケア用としても少し安いものに移るというのもありでしょう。

 

品質の良い女性用育毛剤を選ぶとともに薄毛、抜け毛の原因を見直すことも大事

 

育毛剤は薬とは違い、作用にしろ、効果にしろ、ずっとマイルドなものです。3ヶ月、できれば半年や一年という長期的な継続が必要なものです。

 

そうしてみて、抜け毛が減ってきた、ぺちゃんこだったヘアスタイルにボリュームができた、などの本当の効果がわかってくるようになっています。

 

もし規定分量とおりやっているのに、効かないという人がいるのだとしたら、その効果を待てないで1ヶ月とか、2ヶ月とか短いスパンで判断しているからかもしれませんね。

 

それでなければ、間違ったヘアケアを続けているということもあるでしょう。生活習慣や食事がおざなりになっていることも考えられます。

 

けっこう多いのが血行不良ですね。頭皮の血行が良くないと自覚がある人は、なるべくマッサージも併用したほうがいいですよ。

 

女性の薄毛や抜け毛の原因は、男性と違います。男性の抜け毛、薄毛は遺伝、男性ホルモンの影響が大きいですからね。特に、遺伝でしょうか。

 

男性の薄毛よりも女性の薄毛のほうが回復しやすいといわれます。

 

女性の薄毛は、遺伝というよりも、頭皮環境が悪い状態(食生活や生活習慣で糖化)とか、更年期の抜け毛に多い女性ホルモンの減少、秋口に多いとか、産後に多いといわれるヘアサイクルの乱れが原因ということが多いのです。

 

育毛剤の選び方のポイントがわかったら、後は、日々の生活を見直して、頭皮にいいことをやることで、効果をアップしていくように心がけてください。