女性の育毛どれがいいの~レビューと選び方のブログ

育毛剤、スカルプローション、育毛シャンプーなどを試すブログ

髪のうねり、パサつき、ゴワつくことも頭皮の老化の合図だから(抜け毛、薄毛だけでなく)

ヘアスタイルが決まらない、は毛が細くなっているのかも?

f:id:rumimarusr:20190127221518j:plain

 このような髪の変化がありませんか?

 

  • 髪がパサついている  
  • 髪がうねる  
  • 髪にツヤがなくなってきた  

 

これらは髪のトラブルなのですが、実は頭皮が原因ということもあります。 

 

髪の毛が細くなることが頭皮や毛髪の老化、エイジングの始まりだったということはよくあることです。

 

早ければ30代後半から髪の成長速度がだんだんと遅くなっていきます。 老化は誰にでも訪れます。若いからと思っていても新陳代謝機能が低下して、ターンオーバーの周期が伸びてきているのです。

 

まずは髪の毛1本、1本が細くなっていることが「注意報」みたいなものですね。

その後、髪が少なくなるように感じてくるのです。頭皮の血行不良や髪への栄養不足から、髪がパサついたり痩せたりしていきます。 

 

だから、どうも最近、髪が細くなってコシがなくなった。

それがひいては、ヘアスタイルが決まらないということになっていくのです。

 

さらに、ある日ふと鏡をみると、髪の毛の量自体が減って、ぺしゃんこヘアになっていることに気づきます。頭頂部が薄いのです。

 

分け目の地肌がくっきり目立つようになり、生え際も後退です。

 

私自身も、あとから振り返ってみると、

髪にツヤがなくなってきた、

髪の毛の1本1本が弱く細くなってきた

髪にうねりが出てヘアスタイリングが決まりにくくなった、

そして廊下や排水溝に抜け毛をよくみかけるようになった

 

このような髪への変化を自覚しつつあったのです。これくらいのうちに育毛ケアをおこなっておけばよかったと。

 

抜け毛が多いと感じはじめたら、すぐにでもとりかかりましょう。

薄毛が進んでしまい、頭頂部が薄くなって地肌がみえる、他人からみてもわかるくらいになってから、はじめて育毛剤を使うなど頭皮ケアを始めるのでは改善するのにも、時間がかかるからです。

 

そうなる前に、できれば30代、40代だったらなおさらです。気づいた時が、開始時です。頭皮の地肌ケアをはじめたほうがいいです。

 

まずは頭皮のマッサージから、髪のうねりも老化の始まり

女性は男性よりも薄毛を自覚しにくいと言われています。

 

もともと髪が細かった、柔らかったということもあります。

 

一般的には、頭皮の老化や薄毛になる前兆として、いわれているのが、このようなことです。

 

頭皮がかゆいことが多くなる

髪の毛が細くなってきたと感じる

以前より髪にハリやコシが無くなってきた

抜け毛をよくみると、細いものが多い

ドライヤーをかけたあと、ブラシに毛がいっぱいついている

ということから、始まるようです。

 

この頃は、それほど深刻に思っていません。

 

それがじわじわと髪全体のボリューム不足になっていき、シャワーをしていると抜け毛が増えたなとか感じるようになって(排水溝などで)、ある日突然、鏡に写った自分を見て、地肌がみえる、分け目が目立つ、もっと言えば、髪の毛が薄いじゃん、となっていきます。

 

最初は小さな変化なのですね。

 

実は、髪のうねりは遺伝だけとは言い切れなくて、最近も雑誌で取り上げらたように、頭皮が「年齢とともに老化」してきてなることもあるのだそうです。

 

頭皮と顔の肌は1枚続きですから、顔がたるみを感じたり、シワができたりしているのなら、頭皮も同じく「年をとっています」。顔の皮膚の延長が頭皮なのですから。

 

頭皮も皮膚ですから、コラーゲンはなくなる、乾燥しやすくなるなどの変化は訪れているのです。

 

頭皮にある毛穴が歪んでいたら、毛髪もゆがんでくるというものです。

 

年齢を重ねるとともに、毛穴が開き、たるみ毛穴になるのは、顔も一緒です。頭皮もゆるみます。

 

毛穴が開き気味になると、毛穴に汚れや皮脂が溜まりやすくなりますので、それもまた、抜け毛の原因になります。

 

たまには、頭皮専用のクレンジング(頭皮クレンジングとか、頭皮クレンズといわれる)を使うといいです。

 

頭皮の毛穴のゆがみを防ぐには、これはお肌のエイジングケアと一緒です。頭皮もエイジングケアが必要になります。

 

顔は保湿が一番大事なことは誰でも知っているのに、頭皮は保湿もしなければ、乾燥させたままでもへっちゃらの人が多いのです。だから、頭皮も保湿をまず、考えましょう!!

 

それに、頭皮ケアをやりだしたら、女性の場合はスキンケアで慣れているので、習慣化しやすいです。顔のケアと同じく、頭皮のケアも、

 

頭皮を清潔にして保湿する

毛穴をきれいにして、毛根に栄養を浸透させやすくする

ことが目的になります。

 

それと顔のマッサージと同じように、頭皮もマッサージすれば血行が良くなります。

 

最近は、顔の肌と同じように(顔と頭皮は1枚続きですから)、頭皮の「糖化」も言われています。顔に皮膚については、聞いたことがあったのですが、私も頭皮の糖化については、盲点でした。

 

頭皮が糖化していると、毛根に栄養が行きにくくなり、ヘアサイクルの乱れにつながるわけです。それでなくても、紫外線、カラーリング(白髪染め、オシャレ染め)、加齢、パーマなど頭皮も髪も過酷な環境です。

 

それに対して、ストレスやら、生活習慣やら、食生活の悪さなどが加わったら、どうなるでしょうか。頭皮がこのようにして、糖化して、それが原因で老化していくと、さらに頭皮が糖化するという、悪循環になっていきます。

 

血行不良のうえに、老化や糖化で、固くなった頭皮は、育毛剤も浸透しにくいですから、育毛剤が効かない、育毛剤が効かないという人になりがちです。

 

まずは、血行不良をなおして、マッサージなどで血行を良くしましょう。

 

髪の毛がパサついて、艶が失われた髪は他人から見ても「老けたなぁ」と思うものです。ハリやコシがない髪をみれば、年齢までバレてしまうでしょう。

 

顔にしわやたるみが出たならお手入れしようと思うのに、髪のパサつき、うねりは放置されやすいものです。

 

顔色が悪い人は、同じように頭皮も血行が悪くなっているそうですよ。

 

髪の毛がストレスの影響を受けやすく、ストレスで抜けることもありますが、その場合、頭皮もかなりのダメージを受けているのです。ストレスは、血行不良になりますからね。

 

頭皮の血流が滞って血行不良となると、どうなるのか。髪が作られる「毛球」へ栄養や酸素が届かなくなり、結果として、髪は細くやせてきて、コシのない髪になります。

 

このように細くて頼りない毛髪からハリやコシのある髪を目指すなら、頭皮の血行を良くすることが大切になります。

 

女性の場合の薄毛の3大原因は

 髪の薄毛、毛が細くなる、抜け毛ひどいなどは、40代くらいから感じることが多いです。

 

一部、出産後にもなる人がいますが、多くは40代くらいから徐々に感じる人が増えてきます。

 

以前は、それが更年期の40代後半からだったのが、今は40代から髪の毛の細さ、抜け毛の多さに気づく人が増えてきているのだとか。

 

40代になりますと、肌の衰えも感じるようになりまして、髪の変化も感じるのでしょう。

 

さらにそれに加えて、ストレス、忙しい生活、睡眠不足、血行不良など複合的に重なりあいます。

 

そもそも血行不良になりますと、毛根に栄養が届きにくくなります。

 

このように、女性の薄毛や抜け毛の原因は、

  1. 女性ホルモンの変化
  2. 血行不良
  3. 紫外線など外部からのダメージ

が大きな原因となるのです。これにプラスして、ヘアサイクルの乱れもあるでしょう。

 

紫外線だけでなく、最近は、白髪になる前からカラーリングしますから以前よりダメージを感じる年齢も早まっているのかもしれません。

 

それに加えて、パーマ、ストレートパーマなどかけることで髪へのストレスにもなっているのでしょう。

 

女性ホルモンの減少は、抜け毛もそうですが、髪の細さ、ハリ、コシにも影響をあたえています。

 

ストレスが多い社会では、ストレスからくる血行不良も見逃せません。緊張すると、食事が取れなくなったり、指先が冷たくなることを経験する人も多いことでしょう。このようにストレスと血の流れは密接な関係があります。

 

しかし、男性の薄毛に比べたら、遺伝の影響は少ないと言われています。更年期になって(または、ストレスなどが原因で)女性ホルモンが減ってきて抜け毛が増える場合もありますが、女性にも男性ホルモンと女性ホルモンが身体の中にありますから、男性ホルモンが増えるということではなく、女性ホルモンが減ったから、相対的にみて、男性ホルモンの影響が強くなったように思えるだけです。

 

頭皮マッサージは毎日行って習慣化

 

先ほども書いたように、血行不良を改善するには、マッサージ、頭皮のもみほぐしが有効です。すでに頭皮が固くなっている人は、要注意です。

 

ストレスで固くなった頭皮をもみほぐしして、血液に含まれる栄養を巡らせるようにします。指の腹を使って大きくもみほぐししましょう。

 

もちろん、食事も大事です。タンパク質やビタミン類を取ることで頭皮の栄養を行き渡らせることができます。

 

マッサージは、髪を洗って頭皮がキレイになった状態で、行うといいです。その時、毛穴もキレイになっているわけですから、育毛剤を一緒に使えば、頭皮に浸透しやすくなります。

 

ただ、このマッサージですが、今日は朝晩やったけど、次の日はまったくやらないというようなムラがあるよりも、毎日、1分でもいいので行うことがいいのです。

 

歯磨きみたいに、それが習慣化されるのが理想です。

 

最近は、豚毛ブラシやマッサージブラシなど、ブラッシングによいブラシも増えていますので、そのようなブラシを使うのも一つの方法です。

 

女性の抜け毛や薄毛は、髪が細くなってきたことが見分ける始まりだと言われています。

 

まず、髪が細くなって、地肌が見えてきたり、いわゆる猫っ毛となって、やわらかく弱い毛になっていること、ボリュームがなくなってきたなぁというところから始まることがほとんどです。

 

気づいてきちんとケアすれば、男性に比べて改善しやすいといわれる女性の薄毛ですから、早めのケアが肝心です。頭皮の状態を改善していきましょう。